Windows form control validating validated dating age restrictions texas

If you ever search MSDN for the topic, you'll find most of the articles discuss hard-coded validation—but maintaining hand-written, custom code for each element that requires validation is a maintenance nightmare.

Furthermore, it's unnatural to conceptualize the steps of validation as of the data to be validated.

Cancel = true にすることで、他のコントロールへフォーカスが移動できなくなるのはこれまでに説明した通りです。 今回は、Validatingイベント後のフォーカス移動先が、[キャンセル]や[閉じる]ボタンの場合を考えてみます。 前回までに作成したプログラムで実験をしてみましょう。 1.データ1のテキストボックスに「」と入力します。 2.[閉じる]ボタンをクリックします。 現在までのコードだと、データ1に不正な文字が入力されている場合は下図のようになり、当然画面を閉じることはできません。 画面を閉じたければ、エラーを修正するしか方法がありません。 上記の問題を解決するには、Validatingイベントを発生させたくないコントロールの Cause Validationプロパティに falseをセットする必要があります。 このように設定を行うと、データ1のテキストボックスに不正があったとしても、フォーカスが[閉じる]ボタンへ移動しても、Validatingイベントは発生しなくなり、エラーを修正しなくても画面を閉じることができるようになります。 次にフォーム右上の[X]ボタンはどうでしょうか。 これも、データ1のテキストボックスにエラーがある場合は、画面を閉じることができません。 この問題は、Validatingイベント内で Active Controlをチェックすることで回避することが可能です。 通常、Validatingイベントが発生した場合は、Active Controlプロパティはすでに次のコントロールになっています。 今回の例では、txt Data1のValidatingイベントが発生すると、Active Controlの値はtxt Data2となります。 しかし、[Esc]やフォーム右上の[X]ボタンがクリックされた場合には、Active Controlプロパティの値は txt Data1のままとなっているのです。 これを図にすると以下のようになります。 以上のことを利用すると、txt Data1のValidatingイベントの中で e. Active Controlがtxt Data1以外のとき の2つを満たしているときとなります。 コード例は以下の通りです。 VBの例 -1 And Also Active Control Is Not txt Data1 Then Message Box. Cancel = True 'txt Data1 にエラーアイコンとメッセージの表示をセット error Provider1.

I have a text box that is bound to a class property.

Please join our friendly community by clicking the button below - it only takes a few seconds and is totally free.

You'll be able to ask any tech support questions, or chat with the community and help others.

To ensure the availability of the Digital Library we can not allow these types of requests to continue.

windows form control validating validated-29windows form control validating validated-63windows form control validating validated-60windows form control validating validated-64

You want it to be set to On Validation, but it sounds like it's set to On Property Changed.You'll find that using the validation engine discussed here, you can instrument a wide range of validation criteria with very few lines of code.The Problem You want your program to validate form input, provide feedback to the user, and perhaps take other actions to handle the condition. Limitations This article presents a useful solution, though not a solution for every case.Visual Studio lets you specify property values at design time for a variety of components; using that approach for defining validation attributes is a natural extension, and makes incorporating robust validation simpler for developers.The flexibility of storing validation settings in a configuration file makes validation easy to change, allowing developers and administrators to modifiy or customize validation properties without recompiling and redeploying—and without needing the source code.

Leave a Reply